備忘録目次へ

序章

第零話 神隠し

第一章 赤い大地と朱いトカゲ

第一話 死んだと思ったらここは何処?
第二話 不本意ながら、人間廃業
第三話 常識さんのライフはゼロ
第四話 でっかいものは男のロマン
第五話 冒険者ギルド
第六話 はじめての術法
第七話 旅路の果てに求めるものは
第八話 港町アラカンテ
第九話 紅蓮の記憶 1
第十話 紅蓮の記憶 2
第十一話 紅蓮の記憶 3
第十二話 異世界の湯煙旅情 1
第十三話 異世界の湯煙旅情 2
第十四話 白の都に落ちる影
第十五話 近衛騎士
第十六話 裏路地の再戦
第十七話 袋のネズミ 1
第十八話 袋のネズミ 2
第十九話 謀略の網
第二十話 王都脱出
第二十一話 山中強行〜イグレシア領
第二十二話 思い出になった幼馴染
第二十三話 もふもふと家族の事情

第二章 竜の母娘

第二十四話 さらばじゃー!
第二十五話 北の情勢
第二十六話 山脈を抜ける道
第二十七話 ヘタレと恐竜とヒルクライム
第二十八話 喪失


〜 あらすじ 〜

 出勤中に突如、地面から噴出した紅い光に身体を焼き尽くされた青年。
 死んだと思ったのに目が覚めると、そこは疎らに生えた木立と岩ばかりが点在する赤土の大地が広がっていた。
 しかも身体は見たこともない大きなトカゲになっていて二重にショック!
 近世的なのに妙なところでハイテクっぽいファンタジーに翻弄される日本人青年の異世界放浪譚。
 果たして人の姿を取り戻し、元の世界へ帰ることが出来るのか?

 ※ご注意
 作品中にR15程度の残虐表現、性的描写等が含まれます。
 苦手な方はご注意ください。
 文中にルビタグを使用しております。閲覧に使用されるブラウザによっては正常に表示されないものがあります。
 当作品は『小説家になろう』様にも投稿しております。


備忘録目次へ

開始 2013.03.09
更新 2013.09.06

inserted by FC2 system